ふじしろについて

message

行きたいなぁ。欲しいなぁ。食べたいなぁ。働きたいなぁ・・・。
ぼくたち、わたしたちにもできるかなぁ・・・。
そんなふうに思ってしまうかもしれない。
まずは、ここへ来てゆかいな仲間たちと一緒に楽しくやってみよう!
最初からうまくできる人なんていないよね。でも・・・
一歩踏み出して、まずはやってみないとあきらめることもできないよね。

ここ『取手市立障害者福祉センターふじしろ』では従来の福祉センターの
イメージにとらわれず、利用者さん、ボランティアさん、ご家族のみなさん・・・
すべての人にとって大切な場所になるように
皆さんの「やりたい」「楽しい」にむかって、
一歩踏み出すお手伝いをしたいと思っています。

message

一日の流れ

10:00
ラジオ体操、朝の会
10:10
午前の活動(休憩あり)
12:00
昼食・昼休み
13:00
午後の活動(休憩あり)
14:50
清掃
15:20
帰りの会
15:30
終了

ふじしろのこえ

福祉センターふじしろでは、毎日さまざまな活動をしています。「ふじしろのこえ」では、そんな日々の活動を少しでも紹介できるよう、実際の利用者の方へのインタビューとともに毎日の様子をお届けします。

※ インタビュー内容は2020年2月現在

お仕事を頑張った分、楽しさも2倍

1班 Iさん

割り箸を袋に入れるお仕事が好きなんです。お仕事をする時は、頑張って間違えないようにやっています。お仕事以外では、福祉センターのみんなと一緒に遠足に行くのも好きだな。次はどこに行くんだろう。楽しみです。

1班 Iさん

細やかな手作業とセンスがキラリ☆

2班 Sさん

お休みしてしまうこともあるけれど、その分、お仕事を頑張りたいと思っています。毎日のお仕事では、割り箸を袋に入れる作業やシールで留める作業が好きです。細かい作業もあるけど、きれいに仕上がったときはうれしいな。

2班 Sさん

いつかはカフェ ウェルカムのマスター?

2班 Tさん

一番好きなことは、カフェ ウェルカムでのお仕事です。食器洗いのお仕事が楽しくて好きなんです。お客さんとコミュニケーションをとるのが難しいけど、もっと笑顔で「いらっしゃいませ」と言えるようになりたいな。あとは、もっと働いて親孝行がしたいな。

2班 Tさん

藝大食堂で充実LIFE!

3班 Oさん

最近始めた藝大食堂のお仕事が楽しいです。藝大食堂のスタッフも褒めてくれるしそれも嬉しい。これまで使ったことのない、食洗機も使ってお仕事をしているし、これからもっとできるようになったらお料理も出来るようになりたい。

3班 Oさん

その他の活動・生産品

共生型交流拠点「の~ま」の運営

共生型地域交流拠点「の~ま」の運営

福祉センターふじしろでは、地域住民が世代間、障がいのあるなしなどの垣根を超えて共に助け合いながら生きる社会の実現を目指しています。共に生きることが実感できるまちづくりを目指し、みんなが集える場づくりを行っています。

「の〜ま」の3つの機能

  1. 障がい者の就労の場「カフェ ウェルカム」の運営
  2. 地域コミュニティ推進の場「おとなりコミュニティ」の運営
  3. ボランティア活動の推進「ボラビ」の推進
  • ※「ボラビ」とは空いている時間を利用してみんなでちょっと(bits)ずつ地域のために貢献すること「ボランティアビッツ」の略
工芸品の製作と販売

工芸品の製作と販売

利用者と職員でオリジナルデザインを考え、ひとつひとつ手作業で作っています。素材を無駄なく使いきったり、材料の購入方法を工夫したりしながら、オールハンドメイドで製作し、販売しています。

主な製作品
ビーズアクセサリー/革製品/クラフトテープ
工芸品の製作と販売

農作物の生産と野菜加工品の販売

季節に合わせて栽培しています。また、取手市内の田んぼを借り上げ、耕作者の支援をいただきながら、米作りも行っています。収穫した野菜やお米は給食の食材として利用したり、製造業者に加工依頼をしてオリジナルの加工商品を生産し、販売しています。

※生産商品は、収穫量などによって生産していない場合もありますので、商品についてはお問い合わせください。

主な年間行事

主な年間行事カレンダー
PAGE TOP